VOICE

先輩の声

Sさん(2018年入職 セラピスト)

Q.入職した経緯
大学院でこどものセラピーを担当したことがきっかけです。
こどもの表現の豊かさや成長の可能性に触れ、私自身もこどもと共に成長したいと感じ、こどもへのセラピーができる児童心理治療施設で働きたいと思うようになりました。
インターネットから児童心理治療施設の中でも児童院は歴史があると知り、先輩職員から様々なことを学べるのではないかと考え、就職しました。
Q.入職を決めた理由
児童心理治療施設は様々な困難や事情を抱えたこどもが入所する施設です。
入所しているこども達と関わることは並大抵のことではありません。感情的になって周囲とぶつかることも多いです。
しかし、それはこども達が自分の人生に真摯に向き合っているからだと感じました。
そんなこども達のことを少しでも理解することができれば、何か道が開けるのではないかと思い、改めてこどものセラピーに携わりたいと感じたことが理由の1つです。
就職前の実習時から先輩職員が積極的に声をかけてくださり、いつでも相談にのってもらえそうな安心感を持てたことも理由です。
Q.入職してからの仕事
こどもへのセラピーやアセスメントは勿論、児童院では退所後のこどもの生活を見据え、保護者の方々や児童相談所の職員の方々等と協働して話し合いをする業務もあります。
こどもへの理解を深めたり、退所後にどのような生活をすることがこどもにとって最善かを検討するような会議や研修にも参加しています。
日頃からこどもの様子の変化や話し合われた内容を伝え、業務の合間にも様々な部署と連携しています。
Q.入職前と入職後のギャップ
入職前から保育士・児童指導員や学校の先生方、保護者の皆さんとのコミュニケーションは必須だと思っていました。
当時はこどもへの関わり方について、感じたことを伝えようと意識していました。
しかし、実際に現場に入ってみると正しいと思われる関わり方だけを求められているわけではないことに気づきました。
現場のニーズを把握すること、こどもとの関係性をより良いものにしていくための声のかけ方や伝え方を考えること、その上で必要な関わり方を提案することが重要だと思います。
Q.上司・先輩について
上司・先輩職員はこどもに対しても職員に対しても分け隔てなく接しているため、相談しやすい環境だと思います。
疑問に思うことも話し合えるので刺激になっています。
Q.記事を読んでいる方へのアドバイス
このページを読んでくださっている方の多くが心理的なアプローチに興味を持っておられると思います。
最初から専門的なことをしなくてはと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
まずは、自分が関わろうとしている人のことを知るために主体的に働きかけることを心がけてください。
どんな職種であれ、人を支える仕事は想像以上に責任がありますが、得るものも多いと思います。興味を持たれた方は是非お問い合わせください。